キツネブログ

hair salon × etc・・・


<< 僕の旅 その2 | main | 1年があっという間の38歳 >>



僕の旅 その3

4日目、すごく環境のいいキャンプ場で朝を向かえ出発の準備をする。テントと洗濯物は夜露でボトボトでこれを片付けるのが嫌でなかなか作業が進まずギリギリになってしまった。なんとか駅に到着して朝ごはんを買う。常にご当地物を意識していたので味噌が塗ってある焼きおにぎりを買って電車の中で食べたが、別にご当地ってほどでもなかった。美味しかったけど。

4日目は電車で鶴岡市から金沢の北のかほく市まで1日かけて行く。青春18切符で行きたかったけど直江津から西はえちごトキめき鉄道になるためJRはここまでであとの少しをそれに乗り、そこから北陸新幹線に乗り換え金沢へ。金沢からはまた青春18切符を使いこの旅で1番たべたかったお寿司を食べに宇ノ気へ。以前、金沢に住んでいた友人夫婦に連れて行ってもらった「松の」というお寿司屋さんだ。ここでは3000円の上握りおまかせを注文した。以前と変わらぬ美味しさで空っぽだった胃を満たしてくれました。というより喉の奥までお寿司という感じで1年分くらいのお寿司を頂いた気分でした。大将とこの旅の事を話したり、大将が昔はランニングが趣味だったけど今ではウォーキングになってしまった話を聞いた。歳に勝てない事もあるらしい。

そこから自転車で30分ほど走り今日お願いしていたキャンプ場に到着。昨晩の良いイメージで行ったらビビった。「今日は誰もいないから好きな場所にテント張ってくれていいよ。それで犬小屋のようなものがあるから、そこの封筒に500円入れておいてくれ」って言われてたのだが本当に誰もいない。そして外灯が3つか4つかある程度。本当に僕はここで朝を向かえられるのか?と一瞬考えたが管理人さんに500円払わずに帰りやがった!と思われるのは嫌だし、何より21:00を過ぎた時間から街へ行きホテルを探すのも面倒なのでここはウィスキーと落語で一人だという現実から逃げることに。夜中起きるがまた落語を聞きながら眠る。

 

5日目、目が覚めて太陽がこんなにありがたいと思ったことはない。最終日の朝生きている実感がした。

本当なら最終日は金沢を観光して電車で帰る予定だったのに友達の「自転車で帰ってくるんでしょ?」というSNS上でフリという名のパワハラにあい、やむなく自転車で帰ることにした。以前1日で京都〜金沢はやったことがあったので通った道を懐かしみながら進む。東尋坊あたりで夕立にあって心が折れそうになったけど、あいつらを見返してやる!という気持ちで踏ん張った。

その後日本海の波は高いのに風はほとんどなく快晴、自転車は快適、視覚的にもわくわくするというベストコンディションになり、そこからは一気に進む。ここ何年か毎年通るしおかぜラインを今回は逆から。

今回の旅のゴールは敦賀駅、夕方に到着して自転車を輪行バックに入れ着替えて電車を待つ。旅を振り返ってみるが実際はすぐには何も思わないものだ。

そして夏は毎週お世話になる湖西線に乗り京都へ。5日間の疲れからかすぐに熟睡。到着までに何度か目は開いたが隣の人が違う人になってたことにも気づかないほどだったな。。

 

本当に淡々とした旅だったので帰ってきてから「何食べた?」「どこがよかった?」と聞いてもらったりするけど「これが最高!」なんて答えがない。。ふかし芋や茹でたトウモロコシ、あとはどん兵衛の芋煮味、駅の立ち食いそば、最後はお寿司。まぁこんなもんやし、よかった場所は庄内空港のキャンプ場、恐山かなぁ。。

でも来年もやりたいし、また東北へ行きたいなという気持ちはグツグツと奥の方で煮立ってます。

 

後日談として、今回普段のように店にかかってくる電話を携帯へ転送させるのはやめて留守番電話にしていったのがすごく良かったっぽい。頭がすっきりしたというか仕事のことを考えないことで帰ってきてから仕事が新鮮味を増し楽しい。昔、先輩が1週間休んだらハサミ持ちたくなるって言ってて、その時は何をカッコつけとんねんwって思ってたけど少しだけそんな気持ちがわかった。メリハリっていうのは効果絶大や!!みんなメリハリやで!!

posted by kitsoune 15:54comments(0)trackbacks(0)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.kitsoune.com/trackback/1108473