キツネブログ

hair salon × etc・・・


<< 2017もありがとうございました | main | 2018年自分的TOP10 >>



2017観た映画TOP10

ここ数年続いております、個人的映画TOP10。本当に誰が興味あんねん!ですがよろしくお願いします。

 

2017は映画館で78本観ました。年間100本を目標にしているのに。。。2018年は頑張ります!でもNetfrixが面白すぎて時間取られまくってます!ストレンジャー・シングス!!

 

1 ムーンライト

2 ドリーム

3 マイティ・ソー バトルロイヤル(I MAX 3D)

4 沈黙 サイレンス

5 ハクソー・リッジ

6 20センチュリー・ウーマン

7 パターソン

8 パトリオット・デイ

9 スウィート17モンスター

10 メッセージ

 

以上

 

他にもマンチェスター・バイ・ザ・シー、ローガン、ブレードランナー2049、TT2、とかも面白かったなぁ。と思うと今年はあんまり、これだ!という邦画に出会えなかったかもしれない。全員死刑は笑ったけど。

どんな映画だったかというと

 

第1位 ムーンライト

この映画はアカデミー賞の作品賞、助演男優賞、脚色賞を取っていて、一人の少年が大人になるまでを3部構造で作っています。特に僕が印象的だったのは色の綺麗さとフアン役で助演男優賞をとったマハーシャラ・アリの素晴らしさ、アリはドリームでも存在感放ってましたね〜最高です。主人公シャロンは酷い環境の中、成長し純愛を貫く映画(ちょっとニュアンス違うけど)。素晴らしい映画です!

 

第2位 ドリーム

同率首位といっても過言じゃないのがドリーム。僕が観たら毎回泣いてしまうヴィンセントが教えてくれたことの監督セオドア・メルフィが監督していて音楽にはファレル・ウィリアムも参加している。1960年代のアメリカNASAが舞台で、そこで働く黒人女性3人を描いた伝記映画になっています。時代的に差別というものが普通だったという事もあって今の時代の人が観ると嫌な気持ちになりそうなんですけど、そこをポップな音楽とファッションで絶妙にダークサイド堕ちしないで済むようになっていますwこれも最高な1本です!

 

第3位 マイティ・ソー バトルロイヤル(I MAX 3D)

もう説明不要ですねw楽しい!!今までIMAXって本編が始まる前のカウントダウンが1番3Dを感じてたんですけど今回のマイティ・ソーはそれに近いくらいの3Dを感じることができました。そうなると全部が何割か増しで良く感じますwwソーが力を目覚めさせて橋で戦うところでアガらない人はいないでしょう!

 

第4位 沈黙 サイレンス

遠藤周作の原作をマーティン・スコセッシが映画化した今作。何も知らずに観ると拷問も見てて辛いし非常に苦しい映画ですが、この映画で伝えたかったや登場人物の設定などを分かって観ると本当に素晴らしい映画だなぁと感心します。窪塚洋介演じるキチジローが何度も裏切ってしまうところに人間味を感じ、自分と重ねましたww神は許してくださいますww

 

第5位 ハクソー・リッジ

沈黙でも主演、アンドリュー・ガーフィールド頑張ってました。メル・ギブソン監督アポカリプトぶりの映画でした。メル・ギブソンといえばプライベートでは本当に無茶苦茶な人ですが映画を撮らせたらハンパねぇです。この映画は沖縄での戦争を描いているのですがかなりメルの熱心なカトリックぶりとMっ気が詰まってましたwwそして観た人は感じたでしょうけど、色んな映画の要素を散りばめているので観てて重すぎません。実際にこんな方がいらしたことは素晴らしいですが、戦争しないのが1番です。メルの次回作に期待大です!!

 

第6位 20センチュリーウーマン

僕が生まれた頃のアメリカが舞台。日本とは考え方も生活スタイルも全く違うのに映画から伝わるメッセージは全く古臭くなく、むしろスタイリッシュで今っぽい。それはマイク・ミルズのなせる技なのかwこれからの生き方を考えさせられる素敵な映画です。エル・ファニングの透明感、もう向こうが透けて見えます!

 

第7位 パターソン

ジム・ジャームッシュらしさが爆発してましたw今やチョー売れっ子のアダム・ドライバー主演、ローラ役のゴルシフテ・ファラハニ、マーヴィン(ブルドッグ)役のネリーも最高。っていうか出てるみんながキャラ立ちしてて最高ww時はただ過ぎて行くけれど、ちゃんと周りを見渡せば愛おしい日々になるんだなぁと思わせてもらえます。もう少しゆっくりと生活してみよう。

 

第8位 パトリオット・デイ

ボストンマラソン爆破テロの映画でした。正直キャストも別に、、、って気持ちだったのですが観に行きました。そして思いました、ごめんなさいと。実際に起きた事件の映画化なのでみんな結末は分かってたのに、凄く楽しめました。知ってるからこそ落ち着いて観ていられたのもあるかもしれません、同じ映画をもう一度観たときに似た感覚で観られました。淡々と進むストーリーにどんどん引き込まれ、最後には「愛っていいなぁ」とちゃんと感動させてくれます。エンタメ映画として大変よくできてました!

 

第9位 スウィート17モンスター

思い切り拗らせた少女が現実を知り歩み始める的な話です。ゴースト・ワールドを思い出した人も多いですよね、僕もそうです。この映画も最高なポイントはたくさんあるので観てもらうのが早いのですが、とにかくあんな先生に出会っていれば人生変わってたのじゃないだろうか。。。なんて思わせてくれます、今に不満があるわけではないですがw笑いあり涙ありな素晴らしい青春コメディです!

 

第10位 メッセージ

今年は僕が大好きなドゥニ・ヴィルヌーブ監督作がブレードランナー2049とこのメッセージの二作品あり幸せだったのですが、メッセージの方をtop10に入れました。どちらもあの独特のヌメッとした空気感があり、ずっと「何?」と思わせてくれ最後まで気が抜けません。ただメッセージの、ある事実が分かった時のあのカタルシスったらないです。一言「上手い!」これだけは言えないので興味がある方は是非!日本のお菓子に形が似ているとかで色々言われてましたけど、内容が最高なので観たらそんな面白くない冗談言えなくなりますよ〜

 

というわけで僕なりの2017映画TOP10でした。2018も頑張るぞ!!w

 

 

 

posted by kitsoune 15:30comments(0)trackbacks(0)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.kitsoune.com/trackback/1108485